日本食の代表 寿司作り体験 和食の調理を学ぶ

おせち

おせちとは、正月に食べる特別なお祝いの料理です。そのおせちの中には、

色彩豊かな食材が美しく盛り付けられており、実は、その全てに意味がこもっています。

その意味を知ることで日本人が昔から四季折々の行事の中で、

何を想い、何を大切にし、何を守ってきたのかを「食」から楽しく学ぶことができます。

おせち

おせちはお正月に食べるものですので、見た目の美しさはもちろん、
今年も一年幸せに暮らせますようにという縁起を担いだ食材がふんだんに使われております。

おせち おせち

おせちの歴史

おせちは、現在ではお正月に食べる特別なお祝いの料理を意味していますが、その始まりは、弥生時代だといわれています。
この頃から、自然の恵みというものに感謝する習慣が生まれ、ことあるごとに神様に感謝をする行事をするようになりました。
自然の恵みに感謝し神様に供えることを「節供(せっく)」といいます。
お供えしたものを料理して、大漁や豊作を願った料理のことが「節供料理」といわれ、これがおせちの始まりだといわれています!

おせち料理の「御節」の「節」は「節日(せちにち)」のことを表わしています。 節日は季節の変わり目のお祝い日です。 奈良時代から平安時代は、暦の上で節目にあたる日(節日)に、 邪気を祓い不老長寿を神様に祈願する儀式としてお供えをし宴を開くようになり、 この宮中行事のことを「節会(せちえ)」といいました。 平安時代当時の節会のなかでも、1月1日の元日、1月7日の白馬(あおうま)、 1月16日の踏歌(とうか)、5月5日の端午(たんご)、 11月の新嘗祭(にいなめさい)最終日の豊明(とよのあかり)が特に重要とされていて、 五節会といわれていました。

そこで振る舞われていた食べ物「御節供(おせちく)」が江戸事時代に庶民に広まり、 それが現在のおせち料理の語源になったといわれています。 現在のおせち料理の基礎ともなった正月料理が登場するのは、 この江戸時代に入ってからのことです。

やがて、一年間に何度もある節句のうち、 最も重要でおめでたいとされるお正月の料理が「おせち」として定着していきました。
さまざまな食文化が生まれ発達していった時代を反映してか、 料理の種類も増えていきました。
おせちの中に入っているお料理のひとつひとつに意味が込められ、 新しい年を祝うために食べるというのは江戸時代後期が元祖となります。
この頃から風習が続き、大晦日におせち料理を作り、 お正月には家族揃っておせち料理を食べるようになりました。

おせち

おせちと神さま

おせち料理はめでたいことを重ねるという願いを沢山込めて重箱に詰めます。

本来、基本は五段重ねで、上から順に、一の重、二の重、三の重、与の重、と呼びます。

四段目のお重は、「四」が「死」を連想させ縁起が悪いといわれるので「与の重」と呼ばれています。

お節料理の意味

紅白蒲鉾 紅白は、祝いの色。蒲鉾は、日の出を象徴するもの。元旦に無くてはならない料理。紅は、めでたさと喜びを。白は、申請を意味します。

伊達巻 伊達は、華やかさや派手さを表す言葉で、華やかな玉子焼きという意味で伊達巻という名前が付きました。伊達巻の形が巻物に似ている事から、文化の発展、学問や習い事の成就を願う食べ物です。

数の子 子宝と子孫繁栄を祈る。数の子は、にしんの卵。二親から多くの子が出るのでめでたいと古くからおせちに使われました。

黒豆 元気に働けますように「まめ」は元来、丈夫・健康を意味する言葉です。「まめに働く」などの語呂合わせからも、おせち料理には欠かせない料理です。

栗きんとん  豊かさと勝負運を願って
黄金色に輝く財宝にたとえて、豊かな1年を願う料理。日本中どこにでもある栗は、山の幸の代表格で、「勝ち栗」と言って、縁起がよいとして尊ばれてきました。

田作り 小さくても尾頭付き五穀豊穣を願い、 小魚を田畑に肥料として撒いたことから名付けられた田作り。片口鰯の小魚(ごまめ)を使った田作りは、関東でも関西でも祝い肴3品のうちの1品です。

海老 長生きの象徴
えびは、長いひげをはやし、腰が曲がるまで長生きすることを願って正月飾りやおせち料理に使われます。

紅白なます 紅白でおめでたいさっぱり料理
お祝いの水引をかたどったもの。おめでたい意味があります。生の魚介と大根、にんじんと酢で作ったことから、なますの名がつけられました

昆布巻き「こぶ」は「よろこぶ」に通ずるとして、縁起が良いとされました。また「子生」と書いて子孫繁栄の願いを込めることもあります。

おせちが体験できるセット

  • Sushi Premium「道」6種類の体験30,000円

おせちが体験できる特撰セット

Sushi Premium「極」全種類の体験50,000円
Copyright ©やまと観光推進協議会 All Rights Reserved.