日本食の代表 寿司作り体験 和食の調理を学ぶ

魚を捌く

 

寿司の一番のメインであるネタ。そのネタをどのようにして作っているのかを体験することができます。

職人による包丁捌きには目を見張るものがあります

 

魚を捌く

一概に魚を捌くといっても、その食材をどのようにして使うのかによって

捌き方が全く変わってきます。

寿司のネタにする魚の捌き方としては、

基本的にしゃりが見えないような大きさ

そして適度な厚みが必要です。

 

 

魚を捌く

職人は、シャリのサイズ、そしてネタのサイズを完全に把握して

魚を捌いているのです。

刺身にする場合だと、綺麗に見せるために高さが必要になります。

一番綺麗に見える高さで包丁を入れているので、

並べた時に美しく見えます。

美しく見える食材は、それだけで美味しそうに見えますし、

食材に適した捌き方をしているため味も良い。

そんな日本のおもてなしの技術を体験してみませんか

魚を捌く
魚を捌く

 

魚を捌く体験ができる特撰セット

Sushi Premium「極」全種類の体験50,000円
Copyright ©やまと観光推進協議会 All Rights Reserved.